診療時間
9:30~12:30
14:00~19:00

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、
診療時間を変更しております
休診日:水曜午後・日曜・祝日
月火金:最終受付18:30、木:最終受付18:00
★水曜午前は第2週と祝日のある週に診療
◎土曜午後13:30~16:30(最終受付)





小児矯正|函館で矯正歯科をお探しの方は函館こんの歯科・矯正歯科まで

小児矯正

お子様の矯正治療

お子様の矯正治療

お子様の矯正治療で
このようなお悩みはありませんか?

  • 見た目に影響があるので子どもが嫌がるかもしれない
  • 矯正装置が痛そうで心配だ
  • 治療費が高そうで気になる
  • 少し歯並びが悪いぐらいなら治療は必要ないのでは?
  • まだ乳歯だから永久歯に生え変わってからのほうがいい?

乳歯の段階で歯並びが悪いと、永久歯もきれいに生えてきません。
また、見た目だけではなく、かみ合わせに問題が起きたり、磨き残しが多くなることでむし歯などのリスクが高まったりと、さまざまな悪影響を及ぼすことがあります。

お子様の良い歯並びは、
未来の健康なお口の基礎

お子様の良い歯並びは、未来の健康なお口の基礎

正しいかみ合わせは、見た目が良くなることはもちろん、正しい食生活や発音、そして将来のお口の健康の基礎となります。
咀嚼しやすくなることはもちろん、ケアがしやすくなることでむし歯や歯周病を防げたり、口呼吸や発音なども改善される可能性があります。
お子様がいつまでもずっと健康なお口で過ごしていけるよう、歯並びが気になる方はぜひご相談ください。

小児から治療を始める
メリット

  • 抜歯の必要性が
    少なくなる

    顎の成長を利用し、顎の骨を広げて歯を移動するためのスペースを作ることで、将来抜歯を伴う矯正治療が必要なくなる可能性があります。

  • 永久歯列の矯正期間が短縮・不要になる

    子供のころから矯正治療を行って、顎の骨を前後・左右にひろげたりすることで、永久歯列になってからの矯正の期間が短くなる、不要になる場合があります。

  • 治療期間や治療費を
    軽減できる

    子どもの矯正治療から開始することで、永久歯列になってからの治療が短縮・不要となる場合があるため、治療期間・費用を軽減できる場合があります。

顎の成長を利用するため
身体への負担を軽減できます

顎の成長を利用するため身体への負担を軽減できます

顎の骨の成長を利用して、歯並びを無理なく正しい方向へ効果的に導くことができますので、身体への負担を最低限に済ませることができます。
6歳から12歳頃までに始めるのが一般的ですが、年齢を問わず、保護者の方が気になったらなるべくお早めにご相談ください。
お子様に合わせた治療法や開始時期をご提案します。

歯並びが悪くなる原因

歯並びが悪くなる原因
  • 乳歯のむし歯
  • 爪かみや指しゃぶりなどの癖
  • 口呼吸
  • 骨格の遺伝(顎骨の発育不足)
  • 食事の仕方などの生活習慣

昔に比べ、歯並びの悪い子どもが増えています。
その原因の1つに、現代は柔らかい食べ物が多くて噛む必要がないため、顎が十分に発育していないことがあげられます。
歯並びの悪さは見た目だけでなく、磨き残しでむし歯や歯周病になりやすい、発音・発話がしづらいなどの悪影響も与えますので、早めに適切なケアをしてあげましょう。

治療を始める時期

子どもの矯正治療は、年齢によって治療方法が変わります。それぞれの特徴を理解していただき、お子様のお口の状態だけでなく、ライフスタイルや性格なども考慮して開始時期をご提案いたします。

小学校低学年~小学校中学年
小学校低学年~小学校中学年
(早く始めた方が良い場合)
小学校低学年

乳歯と永久歯が混在する時期は、顎の成長をコントロールして歯の生えるスペースを広げて、永久歯が正しい位置に生えるよう誘導する矯正治療を行います。この治療を行うことで、永久歯が生えそろった際に行う矯正治療の負担が軽減されたり、治療が不要になったりする場合もあります。

【装置装着期間】 
約1年、その後経過観察
小学校高学年~中学生以降
小学校高学年~中学生以降
小学校高学年~中学生以降

永久歯が生えそろってから行う矯正治療は抜歯を伴うケースが増えますが、乳歯が混在する時期に行った治療の経過によって、治療内容が変わります。お子様の歯並びの状態によっては、小学校高学年~中学生以降からスタートしたほうが良い場合もあります。

【装置装着期間】 
約1~3年(保定装置装着期間を含む)

矯正装置の種類

表側矯正装置
表側矯正装置
メリット
  • ・ほとんどの歯並びに対応できる
  • ・目立ちにくい素材を選べる
デメリット
  • ・食事や歯磨きがしにくい
  • ・装置が外れてしまい、予定外に通院が必要になることがある

昔からある治療方法で、皆様が想像される矯正装置だと思います。
歯の1本1本にブラケットと呼ばれる装置を取りつけ、ワイヤーをはめて使用します。
月に1回程度、ワイヤーを調整して歯を少しずつ動かしていきます。
当院では透明なプラスチックや白のセラミックなど、目立たない素材のブラケットを使用しています。

顎外矯正装置
顎外矯正装置
メリット
  • ・取り外しができるため、歯磨きや食事がしやすい
  • ・装着は就寝時だけなので日中は普段通りに過ごせる
デメリット
  • ・装置に慣れるまでは違和感が強い
  • ・装置でケガをしないよう、装着中は注意する必要がある

装置の大部分が顔の外側にあり、主に夜間就寝時や在宅している時間に装着します。
頭に固定する部分と、口の中や顎に装着する部分、頭と口・顎のパーツをつなぐ部分の3つのパーツから構成される装置です。
頬や首にも装置が触れることになり、装置を着けて眠れるか心配されることも多いですが、ほとんどのお子様が慣れて眠ることができています。

お口のトレーニング
「口腔筋機能療法(MFT)」
お口のトレーニング「口腔筋機能療法(MFT)」

口腔筋機能療法(MFT)とは、舌や口唇、顔面の筋肉、口まわりの筋肉を鍛えて口腔周囲の筋肉バランスを整える療法のことで、開咬や上顎前突、反対咬合の原因となっている舌癖を治すために行います。
当院では、矯正治療とあわせて口腔筋機能療法を行い、舌癖を直すことで正しい飲み込み方や発音ができるようにするほか、矯正治療後の後戻りを予防します。
お子様の年齢や筋肉のバランス、舌癖、生活習慣に合わせたプログラムを作成して進めていきます。

お子様・ご家族・
歯科医院みんなで
治療を進めましょう

実際に矯正装置をつけて治療を行うのはお子様ですが、ご家族の協力が不可欠です。
お子様、ご家族、矯正歯科医、歯科衛生士で一丸となって、治療に取り組んでいきましょう!